「肉フェス 国営昭和記念公園 2019」が今秋も開催決定!大ブーム タピオカエリアも堂々登場!!

肉vs. 肉!究極の肉対決「肉フェス 国営昭和記念公園 2019」が今秋も開催決定!大ブーム タピオカエリアも堂々登場し、全出店店舗ラインナップ公開!

日本を代表する“肉料理総決戦”ともいえる今回のラインナップは、これまでにない9つの対決仕立てでメニューを構成。肉のプロたちが腕をふるい、それぞれの素材に対する情熱をぶつけた肉料理を提案!

2019年10月18日(金)〜10月27日(日)<10日間>、今年も国営昭和記念公園にて「肉フェス® 国営昭和記念公園 2019」の開催が決定いたしました。今回の秋の陣は、春の肉フェスとは真逆のコンセプトで迫ります。これまでになかった“肉料理総決戦”という形で、肉フェスの中でもとくに人気のメニューを9つのジャンルに分けて2店舗ずつの対決方式で出店。5周年を迎えた「肉フェス®」の記念イヤーらしい締めくくりに期待が膨らみます。さらに今大ブームの人気タピオカ店7店舗が一同に集うタピオカエリアも登場します!ブームを受けて個性合戦真っ只中のタピオカ店を、タイプ別にラインナップします。もちろん入場無料!

 

 

累計来場者数700万人を超える「肉フェス®」は、オール炭水化物ヌキが基本スタイルですが、今回の秋の肉フェスは通称“ウラ肉フェス”としてオール炭水化物アリでお楽しみいただけます。これまで封印されていた、ご飯やパンなどの炭水化物メニューを取り入れ、通常の春の肉フェスでは食べることが出来ない肉丼や肉麺、肉パンを取り扱うスタイルで料理が提供されます。対決仕立てとなる肉ブースは19店舗(18店舗+オフィシャルブース)、ドリンクは5店舗、タピオカ7店舗の、全31店舗が揃います。



■肉対決(Round 1〜4):人気の高い赤身や牛タンに、サンド&麺の新定番肉スタイルも!

 

 

◎【Round1:圧倒的人気!ザ・赤身】焼肉の人気ランキング常に上位のハラミとサガリが直接対決。ハラミは<表参道Lounge 1908>の名店フレンチ出身シェフによる特製オニオンソースで。対するサガリは、赤身の人気店<焼肉 赤身 にくがとう>による特製焼肉ダレでいただくと一撃でノックアウト。◎【Round2:ボリューム満点!肉サンド】サンフランシスコで絶大な人気を誇るデリカッセンの海外一号店<WISE SONS TOKYO>による、名物メニューのパストラミサンドと、<GOOD MUNCHEZ>の口に頬張ると旨味が広がるスペイン産イベリコ豚のステーキドッグのサンド対決も要チェック。◎【Round3:女子支持率No.1!牛タン】肉フェスには欠かせない牛タンは、香り高いトリュフとあわせていただく<七輪牛タンDANRAN亭>のやわらか牛タン丼と、ネギ塩だれでいただく<USHIDOKI TOKYO>の厚切りの牛タンとハラミの2種盛り丼は、どちらにしようか迷いどころ。◎【Round4:贅沢な食べ方!肉麺】<香港点心楼>が今回のために考案したパリパリチキンのあんかけ麺と、<讃岐おうどん 花は咲く>のA5ランクの黒毛和牛を贅沢に使った極上肉うどんは、深まる秋の気温にはぴったり。

■肉対決(Round 5〜8):ブランド牛やハンバーグのほか、肉屋の本気のまかない飯がついに登場!

 

 

◎【Round5:オトナの高級ブランド牛】日本が世界へ誇るブランド牛が登場。柔らかい食感がやみつきになる<肉処 天穂>の熟成佐賀牛のステーキ丼と、<WAGYU JAPAN×肉処たまい>が神戸ビーフを贅沢にカツサンドで提供。◎【Round6:肉屋の本気のまかないメシ】あの<門崎熟成肉 格之進>が本気をみせた肉屋のTKGと、同じく肉のプロ<森精肉店>からは飛騨牛を贅沢に使用した贅沢カレーが満を持してついにお目見え。◎【Round7:圧巻!ハンバーグステーキ】肉フェス名物と化しつつある<飲めるハンバーグ>が溢れる肉汁と特製デミグラスソースと2種類のチーズを掛け合わせた新たな芸術メニューを考案。ハンバーグといえば、ハンバーガー。牧草牛に精通する人気店<肉塊UNO>が総重量350グラムの大迫力のWチーズバーガーを仕上げて参戦。牧草牛のパテ2枚に加えて、豚バラのスライスを挟むことで旨味と香ばしさが一気に倍増。◎【Round8:コスパ最高!700円】<鉄板ダイニング だんらん>は、特製にんにくダレに漬け込んだ地元茨城県産の豚肉とコシヒカリを使用した食欲そそるパンチのきいた丼と、甘辛ダレがたまらない<ホルモン焼き 幸永>のぷるぷるホルモン丼は、がっつり気分にオススメ。

■肉対決(Round9):肉フェス人気No.1メニューの定番vs.ニューウェイブが対決!

 

 

◎【Round9:愛されキャラNo.1!肉寿司】肉フェスの人気No.1メニューといっても過言ではない肉寿司。誰もがイメージする定番スタイルの肉寿司を提供するのは、毎度行列必至の<銀座WORLD DINER>。そんな黒毛和牛を使った炙り肉寿司に対して、今回<吉祥寺 肉ドレス海鮮丼 本店>が作り出す黒毛和牛×海鮮をコラボレーションさせた肉ドレス海鮮丼が初登場!新しい肉寿司スタイルとの食べ比べをぜひ!

■大ブーム!個性派タピオカがバリエ豊かに勢揃い!肉フェスで “タピオカフェス”?!

 

 

空前のタピオカブームとなった2019年の締めくくり(?)として、“タピオカフェス”ならぬタピオカエリアが堂々登場します。参加は全7店舗で、まず注目されるのが、100%台湾製の天然黒糖や一切添加物を使用しない素材選びと秘伝の技術が光る、本場の台湾で最も美味しいと称された実績を持つ<珍煮丹>。そのほか、杏仁豆腐×タピオカという変わり種の組み合わせが話題の<BOBA TOKYO>、まるで飲む和スイーツのようなジャパニーズ・タピオカを提供する<桜っ茶>、地元・立川から参戦の<烏煎道黒龍茶 立川店>に、日本で初めてのタイティー専門店が作り出すタピオカタイティーが味わえる<Piyanee THAI TEA>。また、抹茶・玄米茶・ほうじ茶を扱い、ジャパニーズスタイルを確立した<国内茶葉専門店 タピオカmocha>、6月に日本に上陸したばかりの台湾発のタピオカ専門店<WHO’S TEA>も出店決定!さらにタピオカをテーマとしたフォトブース(supported by TOKYO TAPIOCA LAND)も登場予定。

■開放感あふれる公園で、まったりと過ごしながら深まる秋を感じる!

 

 

秋の肉フェスは、大混雑必至の春の肉フェスとは違ったのんびりとした空間を演出します。広大な空の下で肉料理、クラフトビール、タピオカドリンクを堪能し、とにかくゆったり過ごせるのがオススメ。スポーツエリアなどのコンテンツも登場予定なので、家族や友人、カップル、ソロ参戦、いろんな形でお楽しみいただけます

<<肉フェス® 国営昭和記念公園 2019>> 出店店舗一覧
【MEAT】
M-01 <表参道Lounge 1908> :旨味あふれるハラミ丼!!
M-02 <焼肉 赤身 にくがとう> :一撃!厚切りローストサガリ丼
M-03 <WISE SONS TOKYO> :クラシック(パストラミサンドイッチ)
M-04 <GOOD MUNCHEZ> :丸ごとイベリコ豚ステーキドッグ
M-05 <USHIDOKI TOKYO> :厚切りハラミと葱塩タンの肉盛丼
M-06 <七輪牛タンDANRAN亭> :トリュフ薫るやわらか牛タン丼
M-07 <香港点心楼> :パリパリチキンあんかけ焼きそば
M-08 <讃岐おうどん 花は咲く> :贅沢! 黒毛和牛A5 極上の肉うどん
M-09 <WAGYU JAPAN×肉処たまい> :神戸ビーフカツサンド
M-10 <肉処 天穂>: A4・A5熟成佐賀牛ステーキ丼
M-11 <門崎熟成肉 格之進> : 格之進 肉屋のTKG~牛醤がけ
M-12 <森精肉店> :特製切り落とし飛騨牛贅沢カレー
M-13 <飲めるハンバーグ> :飲めるハンバーグ ダブルチーズ丼
M-14 <肉塊UNO> :350g!大迫力牧草牛Wバーガー
M-15 <鉄板ダイニング だんらん> :茨城産豚ロース丼 濃厚甘辛だれ
M-16 <ホルモン焼 幸永> :ぷるぷる旨辛!ホルモン丼
M-17 <吉祥寺 肉ドレス海鮮丼 本店> :黒毛和牛肉ドレス海鮮丼
M-18 <銀座WORLD DINER> :黒毛和牛炙り寿司
M-19 <MEAT STAND> :ソーセージ(2種)

【DRINK】
D-01 <富士桜高原麦酒> :29ラガー ほか
D-02 <スプリングバレー> : 496「よんきゅうろく」ほか
D-03 <hokkaido brewing> :会場限定”ラ・フランスハニー” ほか
D-04 <TDM1874 Brewery> :インディア・ペール・エール ほか
D-05 <オフィシャルドリンクSTAND> :生ビール、アルコール各種、ソフトドリンク各種

【TAPIOCA】
T-01 <珍煮丹> :黒糖タピオカミルク
T-02 <BOBA TOKYO> :杏仁豆腐ボバ / コーヒーゼリーボバ / 豆花ボバ
T-03 <桜っ茶> :さくらラテ / 黒糖きなこ豆乳
T-04 <烏煎道黒龍茶 立川店> : 岩塩チーズミルクティー / キウイフォーム / ドラゴンフルーツソーダ
T-05 <Piyanee THAI TEA> : タピオカタイティー / 烏龍ライチ / タピオカミルクティー
T-06 <国産茶葉専門店 タピオカmocha> : 抹茶ラテ / ほうじ茶ラテ / 玄米茶ラテ
T-07 <WHO’S TEA> : 黒髭ミルクティー / シュワワバタフライ

「肉フェス®︎︎国営昭和記念公園2019」概要
・開催期間   :2019年10月 18日(金)〜10月27日(日)
・営業時間   :【平日・土】11:00〜21:00
【日・祝】  10:00〜20:00
・会場     :国営昭和記念公園 ゆめひろば <無料エリア>
(立川市緑町3173)
・主催     :株式会社ニッポン放送
・共催     :AATJ株式会社
・後援     :立川市、立川商工会議所、立川観光協会、公益社団法人 立川青年会議所、
立川市商店街連合会(申請中)
・特別協力   :株式会社ジャパンミート
・料金     :入場料無料(飲食代別途)
※食券(700円/枚)、電子マネー・公式アプリ利用可
・公式サイト  :http://nikufes.jp
・Twitter     :https://twitter.com/nikufes
・Facebook    :https://www.facebook.com/nikufes/
・Instagram   :https://www.instagram.com/nikufest/

※「肉フェス®︎」はAATJ株式会社の登録商標です。
※会場内への飲食物、ビン・缶の持ち込みは一切禁止致します。
※会場内には電子マネーチャージャーはございませんので、あらかじめ必要金額をチャージの上
ご来場ください。
※渋滞が予想されるため、公共交通機関をご利用の上、お越しください。
※雨天決行。荒天の場合は中止させて頂く可能性がございます。




 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です