『ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム 2008』『ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム ロゼ 2008』を新発売!

“偉大なる女性”へのオマージュとして捧げられる格別のヴィンテージ シャンパーニュ“ラ・グランダム”の新ヴィンテージ2008年が登場

大胆かつ独創的なシャンパーニュ、【Veuve Clicquot LA GRANDE DAME 2008】【Veuve Clicquot LA GRANDE DAME ROSÉ 2008】

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社(東京都千代田区神田神保町)の取り扱いブランドであるヴーヴ・クリコは、大胆かつ革新的精神の持ち主だったマダム・クリコへのオマージュを込めた希少なシャンパーニュ、ラ・グランダムの新ヴィンテージとして、『ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム 2008』、『ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム ロゼ 2008』を新発売します。

 



1772年創業のヴーヴ・クリコは、夫亡き後その事業を引き継いだマダム・クリコによって飛躍的に成長を遂げます。そのめざましい活躍は近現代におけるビジネス・ウーマンの先駆けとなり、マダム・クリコは「シャンパーニュのラ・グランダム(偉大なる女性)」と呼ばれるようになりました。

新登場する2008年ヴィンテージのラ・グランダムは、かつてないほどの独創性にあふれたキュヴェとなりました。最高醸造責任者となって初のラ・グランダムを創り上げたドミニク・ドゥマルヴィルは、ヴーヴ・クリコ史上で初めて、ピノ・ノワールを92%という高い比率でブレンドしました。このキュヴェは、ヴーヴ・クリコを象徴するピノ・ノワール主体のスタイルに、ストラクチャー(骨格) と力強さを備えた味わいを愛したマダム・クリコの偉業に敬意をもって、さらに大胆に進化を遂げました。こうして生まれたキュヴェは ヴーヴ・クリコの 築100年のセラーで10年間熟成され、送り出されました。

2008年の春は低温で雨が多く、夏も低温が続きましたが湿度が低く、幸いにも ブドウが熟すのに理想的な天候となりました。この年の収穫にはこうした天候条件が特徴として表れ、ヴーヴ・ク リコは、2008年のラ・グランダムを最高品質のブドウから造られたヴィンテージ であると宣言しました。それは、1995年、1985年、そして1979年と いったヴーヴ・クリコ史上で傑出したヴィンテージを思い起こさせる、際立った 酸味を備えたヴィンテージになったのです。

さらに、最高醸造責任者ドミニク・ドゥマルヴィルはこう語ります。
「ヴーヴ・クリコのグラン・クリュのピノ・ノワールはフィネスとエレガンスをもたらしてくれます。わたしが目指しているのは、ラ・グランダムをこうした優雅な特徴を備えたシャンパーニュへと高めていくことです。この卓越したキュヴェにおいて、軽やかさとエレガンスを伴いつつ、深みとシルクのような滑らかさを融合させることは、ある意味で実にヴーヴ・クリコらしい趣向であるといえるでしょう。」

シャンパーニュの“偉大なる女性”の革新によって生み出され、「品質はただひとつ、最高級だけ」という信念を掲げ続けたマダム・クリコをオマージュする『ラ・グランダム』。その大胆かつ独創的なシャンパーニュの新たなる展開に、是非ご期待ください。

【商品概要】

■商品名: ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム 2008
■希望小売価格:19,400 円(税別)
■仕様: 750ml  1本
■取り扱い : 全国主要百貨店 など/2019年7月以降順次展開

香り
最初の香りは軽やかで繊細でありながらも力強いアタックがあります。グラスに注ぐと、アーモンドやいちじく、アンズなどのドライフルーツ、洋梨のような 熟したホワイトフルーツが現れ、最後にヘーゼルナッツとプラリネの香ばしいアロマがほのかに感じられます。ペストリーを思わせるこうした甘美なアロマと、このブレンドに備わった溌溂とした清らかさがほどよいバランスを保っています。

味わい
口に含むと、シャープで力強いアタックがあります。ラ・グランダム 2008からは、柑橘類およびチェリーなど赤い果実のアロマに導かれたシルクのような滑らかなテクスチャーが感じられ、その背後には瑞々しい果実が控えています。

■商品名:ヴーヴ・クリコ ラ・グランダム ロゼ 2008
■希望小売価格:38,400 円(税別)
■仕様: 750ml  1本
■取り扱い : 全国主要百貨店 など/2019年7月以降順次展開

香り
フルボディでなめらか、続いて新鮮なアロマをともなう洗練された香りへと変化します。そしてヴーヴ・クリコのセラーで長い時間をかけてじっくり熟成された豊潤なピノ・ノワールの香りが満ちてきます。さらに、ラズベリー、イチゴなどの 赤い果実の力強いアロマが、ブラッドオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類のアロマと融合し、最後にはレッドベリーとルイボスティー、上質なレザーを思わせるスパイシーなアロマがほのかに香り、完璧なバランスを保ちます。

味わい
口に含むと、アタックは繊細でなめらかです。香りとみごとに調和した果実味が際立ち、チェリー、イチゴ、ブラックベリー、ブラックカラントといった赤と黒の果実の凝縮感ある風味が口中にあふれてきます。長期熟成が育んだアロマ、ドライフラワー、そしてスモーキーなアロマによって形づくられた力強さと若々しさは、シャンパーニュにおける ピノ・ノワールの最高峰にふさわしい、 比類なき複雑さをもたらします。

【ヴーヴ・クリコ 革新的な歩み】
1772
創業

1772年シャンパーニュ・メゾン、ヴーヴ・クリコ創業

 

1805
事業継承

わずか27歳で夫に先立たれたマダム・クリコは、その事業を引き継ぐ決意をする
近代初のビジネスウーマンの誕生となる

1810
最初のヴィンテージ

シャンパーニュ地方初のヴィンテージ シャンパーニュが誕生
マダム・クリコの革新的なアイデアとセンスで実現

 

1816
初の動瓶台を考案

澄んだシャンパーニュを造るためにマダム・クリコが考案したのが動瓶台
これにより濁りのない美しいシャンパーニュづくりが実現
今では多くのシャンパーニュメゾンがその手法を導入

1818
ロゼ シャンパーニュ誕生

ブレンド法による初のロゼ シャンパーニュが誕生

 

1972
ラ・グランダム誕生

メゾン創業200周年の年に、マダム・クリコの偉業を称え名づけられたメゾン初の高級キュヴェ
マダム・クリコが掲げた「品質はただひとつ、最高級だけ」という信念に基づいてつくられた

ヴーヴ・クリコ
1772年創業のシャンパーニュ・メゾン、ヴーヴ・クリコは、2世紀以上にわたり、マダム・クリコが掲げた「品質はただひとつ、最高級だけ」という信念に忠実に、最高品質のシャンパーニュを追い求めてきました。そのエレガントな味わいとともにヴーヴ・クリコを特徴づけるのが、イエローカラーに彩られた自由なスタイルと、ヴーヴ・クリコをひとつの芸術としてとらえた、美とスタイルの追求にそそがれるあくなき情熱、そして革新への取り組みです。
軽やかに、遊び心ふんだんに。最先端の感性をまとった真のラグジュアリーで人々を魅了し続けている、
大胆でエレガントなシャンパーニュ ヴーヴ・クリコは世界150ヵ国以上で愛されています。
www.veuveclicquot.com
facebook.com/veuveclicquot
instagram.com/veuveclicquottwitter.com/veuveclicquot

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社

URL http://www.mhdkk.com/index.html






    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です