ボジョレーヌーボー飲み比べ!【西武池袋本店】フランスや初登場の「世界のワイン」!

フランスをはじめ日本ワイン、初登場のドイツ・オーストリア・イタリアのヌーボーに注目!

今年は11月15日(木)がボージョレ・ヌーボーの解禁ですが、ボージョレ以外にも世界の新酒が解禁になる季節でもあります。池袋本店では個性豊かな約40種1500本の新酒をご用意いたします。

ヌーボーはボージョレだけじゃないんです。

■会場:西武食品館1階 スイーツ&ギフト 酒売場

ボージョレ以外の海外のヌーボーは輸入量が少なく、池袋店ではドイツ、オーストリア、イタリアのヌーボーが初登場でもあり初めての方も多いと思われます。解禁日が早いので先ずは初登場の新酒をおすすめいたします。

 

 

【南フランスのヌーボー】11月15日(木)解禁 

■ドメーヌ・ラ・グラーヴ(ヴァン・ヌーボー2018)750ml 1,707円 [画像:左] 地元の新酒コンクールで何度も金賞を受賞する実力派蔵元のヌーボー。

【イタリアのヌーボー:ヴィーノ・ノヴェッロ】10月30日(火)解禁 

イタリア全20州で生産、赤白、ロゼがある。

■ガロフォリ(ノヴェッロ・マルケ(赤)2018)750ml 2,700円 [画像:右] マルケ州モンテ・コーネロの周辺で生産、選び抜かれたブドウを使用、熟したワイルドベリーの華やかな味わい。

 

 

【ドイツのヌーボー:デアノイエ】11月1日(木)解禁

アルコール度数が低めで白ワインの種類が多く、辛口からほのかな甘口のワイン。

■エルンスト・ブレッツ醸造所(プリムール ドルンフェルダー トロッケン)750ml 2,700円 [画像:左]

品評会で多くの金賞を受賞している醸造所による新酒。*11月上旬の入荷

オーストリアのヌーボー:ホイリゲ】11月11日解禁

聖マルティンの日に解禁、微かに炭酸が残る辛口の白ワイン。

■ヴィーニンガー醸造所(ウィナーホイリゲ)750ml 3,996円 [画像:右] 首都ウィーンの伝統的な混植・混醸で作られる白ワイン。

 

 

【日本】11月上旬から・・・山梨の甲州、マスカット・ベリーA、など日本のぶどうで造りました。

■まるき葡萄酒(新酒2018甲州 11月3日(土・祝)解禁)750ml 1,620円 [画像:左] 現存する日本最古のワイナリー。

■中伊豆ワイナリーヒルズ(中伊豆産 ヤマ・ソーヴィニヨン ヌーボー)750ml 1,998円 [画像:右]中伊豆産ぶどうを100%使用、生産数は約1,000本のみ。

■シャトー ジュン(アジロンダック2018)750ml 2,160円

明治時代から山梨で栽培されてきた幻のぶどう“アジロンダック種”。

11月15日(木) ボージョレ・ヌーボー解禁 種類の多いボージョレは個性の違いでセレクト

 

 

■タイユヴァン(ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボー“プレミアム・レゼルブ”)750ml 5,400円 [画像:左] パリの名門レストランがセレクト、古樹から造られるフレッシュな果実味と上品な味わい。

■ドメーヌ・コルディエ(ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボー)[西武・そごう限定]750ml 4,320円 [画像:右] 樹齢60年の木から採れた完熟ぶどうでつくった凝縮感あふれたヌーボー。

■ルー・デュモン(ボージョレ・ヌーボー ヴィエイユ・ヴィーニュ)[西武・そごう限定]750ml 3,780円
“ブルゴーニュの神さま”アンリ・ジェイエ氏に認められた日本人醸造家仲田晃司氏が造るワイン。

■メゾン・ジョセフ・ドルーアン(ボージョレ・ヴィラージュヌーボー ヴィエイユ・ヴィーニュ ANAオリジナルラベル)750ml 4,600円 ANA国際線ファーストクラスで解禁日に提供される。

■会場:西武食品館1階 スイーツ&ギフト 酒売場

西武池袋本店 

住所:171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1

電話:03-3981-0111(大代表)

営業時間:10:00~21:00 *日・祝休日は~20:00(不定休)

ホームページ:https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です