【丸ノ内ホテル】「ワイン」×「フレンチ」のマリアージュがテーマの新ディナーメニューを提供!

東京都東京駅丸の内北口 徒歩1分!1924年(大正13年)創業以来、90年を超える歴史を刻む、日本の玄関口・東京駅前に構える丸ノ内ホテル。コンセプトは「世界のお客様へ わが家のおもてなしを」演出している「丸の内ホテル」をご紹介したいと思います。

今回は2018年11月1日(木)~12月20日(木)の期間 8Fフレンチレストラン「ポム・ダダン」にて、ワインとフレンチのマリアージュをテーマに、ソムリエが選んだワインに合うようにシェフが工夫を凝らして開発した新ディナーメニューをご提供します。

 

 

<ポム・ダダン 新ディナーメニュー(11月1日~12月20日)おすすめポイント>

・世界各地から、ブドウ品種や味わいの異なるグラスワインを計8種ご用意ブルゴーニュ、カリフォルニアをはじめ、各国の産地からワインを厳選しました。

11月15日(木)に解禁されるボジョレーヌーヴォーは、ドメール・デ・ピエールのヌーヴォーをご用意します。ヌーヴォーらしいフレッシュな果実味はもちろん、適度な飲み応えとコクがあります。ソムリエが選んだ様々なグラスワインを飲み比べてみるのも今回のお愉しみの1つです。

 

 

・フレンチ伝統の技法も継承しながら、モダンに“魅せるフレンチ”を追求

今回のメニュー開発の指揮を執った「ポム・ダダン」副料理長の染谷 良和は、ソムリエが選んだワインとフレンチのマリアージュをテーマに、これまでのフレンチの伝統的な技法も活用しながら、より独創的に新しいチャレンジをしたいとの想いでメニューを開発しました。これまでのフレンチとは一風変わったモダンな味わいを、ワインと共にお愉しみください。

 

 

<ポム・ダダン 新ディナーメニュー(11月1日~12月20日)おすすめメニュー>

「じゃが芋とベーコン入りオムレツ ロックフォールチーズのクリームソース カダイフとじゃが芋のニョッキ添え」は、世界三大ブルーチーズの“ロックフォール”特有の香りとコクのあるソースが、具沢山のオムレツと好相性。

さくさくの衣で揚げたじゃが芋のニョッキにロックフォールを仕込むことで、チーズの味わいを存分にお愉しみいただけます。酸味がしっかりとした辛口の「ストラタム リースリング」を合わせることで、後味はすっきりとご賞味いただけます。

 

 

「鴨フォアグラのスモーク ルバーブのコンフィチュール添え ポルト酒のソース」は、ポワレやテリーヌが定番のフォアグラを、桜のチップでスモークすることで、薫香が口いっぱいに広がる一味変わったメニューです。

シャルドネ100%のブルゴーニュワイン、サンヴェランの樽熟成由来の豊かな味わいが、フォアグラのスモークを引き立てます。

 

 

「お肉の詰め物入り フランス産鶉のロースト 」は、普段食する機会が少ない“鶉(うずら)”を、メインにした一品。繊細な味わいの鶉の中に、牛と豚のミンチとリードボーを詰めて、ローストしました。

鶉の出汁がベースになったソースとともに、柔らかで様々な肉の旨味を堪能できるグルメの方におすすめのメニューです。

お料理やソースの柔らかな味わいを生かすため、ワインも柔らかで適度なタンニンがある、ニューワールドのピノノワールを合わせてお楽しみください。

 

 

「イタリア産ポルチーニ茸の香り漂うスパゲッティーニ」は、深まる秋にポルチーニの豊かな香りを堪能できるスパゲッティーニです。

仕上げにテーブルでパルメザンチーズをお好きなだけ掛けてお召し上がりいただけます。

北イタリアピエモンテ州のワイン、「ガヴィ ディ ガヴィ」がこの地の代表的食材であるポルチーニ茸の味と香りを引き立てます。

 

 

「チーズの盛り合わせ 3種/5種/7種」

ワインとのマリアージュといえば、“チーズ”。ポム・ダダンでは、 刺激が強めのタイプから、人気のウォッシュタイプまで計7種をご用意しました。

スタッフが全てのチーズをテーブルまでお持ちし、丁寧にご説明させていただきながら、お好きなものを3種、5種、7種、お選びいただけます。ワインはお選びいただいたチーズに合わせて、マリアージュをお愉しみください。

 

 

【 ポム・ダダン 新ディナーメニュー】 期 間:2018年11月1日(木)~2018年12月20日(木)

店 舗:8F フレンチレストラン「ポム・ダダン」

提供時間:17:30~22:00(21:30L.O)

予約・問い合わせ:03-3217-1117<直通>(6:30~22:00)

 

 

 丸ノ内ホテル」

【所在地】東京都千代田区丸の内1-6-3  【TEL】03-3217-1111(代表)

【URL】https://www.marunouchi-hotel.co.jp

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です