リキュール「電気ブラン 125周年記念ボトルセット」を1,250本の数量限定発売!

オエノングループの合同酒精株式会社は、明治の頃から浅草の代名詞として親しまれてきたリキュール「電気ブラン」の発売125周年を記念し、「電気ブラン 125周年記念ボトルセット」を、1,250本の数量限定10月23日(火)に全国で発売します。

 

 

電気ブラン125周年記念ボトルセット(見開き)

電気ブラン 125周年記念ボトルセット」は、ほのかな甘みの中に感じられるビリリと刺激的な舌触りが特長のリキュール「電気ブラン」の発売125周年を記念し、明治期の味わいとアルコール分を再現しました。

ラベルは記録が残っている中で最古のデザインを忠実に再現。また、「電気ブラン」オリジナルショットグラス2個が付き、さらに電気ブランの歴史やおすすめの飲み方レシピなどが載っている化粧箱入りです。

 

 

電気ブランオリジナルショットグラス

電気ブラン」は、日本初のバーとして浅草に誕生した「神谷バー」の看板メニューであり、同店では小さめのグラスに入ったストレートの「電気ブラン」とビールをセットで注文し、交互に飲むのが常連客に人気の飲み方です。

ショットグラスによく冷えた「電気ブラン」を注ぎ、ほのかな甘みとビリリとした刺激を楽しみ、チェイサー代わりのビールで舌をリフレッシュすると、また「電気ブラン」に手が伸びます。

電気ブラン 125周年記念ボトルセット」には、電気ブランをご自宅で浅草流にお楽しみいただける、電気ブランオリジナルショットグラスが2個付いてきます。

 

 

電気ブラン」は、同社の創業者である神谷傳兵衛(かみやでんべえ)によって1893(明治26)年頃に生み出された、輝きのある琥珀(こはく)色のリキュールです。

ほのかな甘味の中に感じられるビリリと刺激的な舌触りは、ブランデーをベースに、ワイン、ジン、ベルモット、キュラソーなどを用いた、秘伝のブレンドで仕上げており、当時から「夢のカクテール」と呼ばれてきました。

浅草・神谷バーの看板メニューとして、また、東京土産のお酒としても人気があります。

 

 

電気ブラン125周年記念ボトルセット

リキュール

アルコール分 : 45%

内容量・容器 : 720ml ・ 瓶

荷姿 : 3本入りダンボール

参考小売価格 : 3,000円(税抜き)

発売日 : 2018年10月23日(火)

発売地域 : 全国

 

 

電気ブランシリーズラインアップ

「電気ブラン」ブランドサイト http://www.oenon.jp/denkibran/

お問合せ先 :オエノングループお客様センター TEL:03-3575-2787 (9:00~17:00 土・日・祝日を除く)

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です