ボジョレーヌーヴォー解禁日11月16日まであと僅かです、楽しみましょう!

Beaujolais nouveau 解禁日11月16日まで、あと少しですね。ワイン好きの皆さんはボジョレーヌーヴォーの解禁日を、何処で乾杯の儀式をなさいますか、色んな想いがあると思いますが私SAKE YUTAKAは、友人のホームパーティーに呼ばれてます。ワインもボジョレーヌーヴォーをネットで調べて注文しちゃいました、まだ届いていませんが本当に楽しみです!

 

 

ボジョレーヌーヴォーのホームパーティーでは、友人の色んな料理が振舞われます、またそれも毎年恒例の行事となっていて本当に楽しみです。友人も私と同じくネットで購入しているみたいです、種類も豊富で新酒で安く買えることが何よりとか。ついでに1本だけ高そうなワインを注文してました。それにしてもワインは種類も豊富で奥が深いですね。あっそうそう二次会はワインが美味しいお店に行くとか言ってますが、楽しみです

 

 

フランスのボジョレーヌーヴォーにちなんでの話ですが、ワインは本当に奥が深くフランスは自他ともに認める世界一のワイン大国。生産量ではイタリアと競ってはいるものの、その品質水準では常にトップといっても過言ではないでしょう。ボルドー地方、ブルゴニュ地方、ローヌ地方、ロワール地方、アルザス地方、シャンパーニュ地方など世界的にも有名な産地が点在しています。フランス独自のワイン法の下、

○AOCワイン(原産地統制呼称ワイン) 定められた地域で、数多くの規制の下につくられているワイン

○VDQS(原産地呼称ワイン) AOCよりもいくぶん規制がゆるいワイン

○ヴァン・ド・ペイ(地ワイン) 産地名がラベルに記入され、他地方とのブレンドは禁止されているワイン

○ヴァン・ド・ターブル(原産地無記名ワイン) 規制が一番ゆるいワインに分かれます。

最上クラスのAOCワインは全体の約三分の一を占め、そのうちの5割以上がボルドー、ブルゴーニュ、ローヌの3地方にあります。

 

日本では、このような法律はないのですが、山梨県と言えば日本ではワインが有名ですが独自の文化を築きつつあるようです。甲州種とマスカットのワインで毎年11月3日に解禁日を独自に設けているようです.

 

ボジョレーヌーヴォー11月3日、解禁日フランスのワインを楽しみましょう、それと料理も楽しみです。

 

次回もボジョレーヌーヴォー特集をお伝えしたいと思いますので、お楽しみに。



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です