美味しいワイン、ボジョレーヌーヴォー解禁日は11月16日特集!

ボジョレーヌーヴォー解禁日は11月16日特集!この時期になると、美味しいワイン特集やボジョレーヌーヴォー一色でイベント等もかなり組んでいますが、ボジョレーヌーヴォーとは、フランス語でBeaujolais nouveauと書くみたいです、意味と言いますと前回も説明しましたが、今年の新酒となる、その年に収穫されたブドウが良質であるか確認するためのワインですね。

ブルゴーニュ公国国旗

ボジョレーは(Beaujolais )ワインの産地で有名なブルゴーニュ地方、こちらは素晴らしいブドウ畑とローマ時代の遺跡で世界的に知られる芸術と歴史の国、ブルゴーニュ地方には、驚きがいっぱいにあると言われています。

ブルゴーニュ公国(ブルゴーニュこうこく、仏:État bourguignon)は、14世紀から15世紀のフランス東部からドイツ西部にかけて存在した、ブルゴーニュ公領(Duché de Bourgogne)を中心とする、ヴァロワ=ブルゴーニュ家のブルゴーニュ公(Duc duBourgogne)の支配領域ないしその支配体制をいう。と言う知られざる歴史があったと伝えられています。

 

ブルゴーニュは、ボルドーと共にフランスの誇る大銘醸地。ワイン作りの歴史は古く、ローマ時代にまで遡る。ワインの名産地ブルゴーニュ、世界一高価なワインとされているロマネ.コンティなど名高いワインが多数醸造されています。

 

ウィキメディア引用

ボジョレーワイン
移動先: 案内、 検索
ボージョレーワイン (フランス語: Vignoble du Beaujolais)とは、フランスワインの1つ。ローヌ県北部、ソーヌ=エ=ロワール県の数箇所のコミューンで生産されている。ブルゴーニュワインの1種類とされている。生産地域は、マコンとリヨンの間、ボジョレー地方の山のふもとである。
毎年11月第3木曜日に解禁される、特産品の新酒をボージョレー・ヌヴォー (仏: Beaujolais nouveau) という。以前はその年のブドウの出来栄えをチェックすることを主な目的としたもので[要出典]、ワイン業者が主な顧客であったが、その後、解禁日をイベントとして、新酒として大々的に売る販売戦略や販売手法が確立され、現在はフランスでも、日本と同じ目的で一般の消費者向けに売られている(ブルゴーニュ地域圏のマコネー (Maconnais) 地区に隣接する地のワインはブルゴーニュ・ワインに分類される)。

 

ブドウ畑の風景

 

ボージョレワイン委員会の品質予想[編集]
2002年「色付きが良く、しっかりとしたボディ」
2003年「並外れて素晴らしい年」
2004年「生産者の実力が表れる年」
2005年「59年や64年、76年のように偉大な年の一つ」
2006年「とてもうまくいった年」
2007年「果実味が豊かでエレガント」
2008年「フルーツ、フルーツ、フルーツ」
2009年「数量は少なく、完璧な品質。桁外れに素晴らしい年」
2010年「果実味豊かで、滑らかでバランスの取れた」
2011年「3年連続で、偉大な品質となった」
2012年「心地よく、偉大な繊細さと複雑味のある香りを持ち合わせた」
2013年「繊細でしっかりとした骨格。美しく複雑なアロマ」
2014年「エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい」
2015年「記憶に残る素晴らしい出来栄え」
2016年「エレガントで、魅惑的なワイン」

毎年恒例のボジョレーヌーヴォー、ボージョレワイン委員会の品質予想と題して、その年には必ず今年のワインの味は何々のワインとして品質が評価される。フランスのワインはボジョレーヌーヴォーだけでなく、調べれば調べるほどフランスのワインは奥が深いですね。



北海道特産品

世界最大の口コミ旅行サイト

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です