ボジョレーヌーヴォー解禁日は11月16日(ワイン特集)

ワインの美味しい季節が、やってまいりますボジョレーヌーボー!そうは言いますが年がら年中ワインは美味しいです、冷やしても美味しいですし、常温でも美味しいです。赤ワイン、白ワイン両方味わえます、しかもワインと言うお酒は料理によって飲み方も色々なのは言うまでもないですね。そんな美味しいワインの解禁日がもうすぐ来ますね、味わいましょうボジョレーヌーボー!と言うテーマで今回のブログもSAKE YUTAKAがお伝えします。

 

 

私SAKE YUTAKAは、ボジョレーヌーヴォーについて前回のブログでレポートをしましたが、本当にボジョレーヌーヴォーは予約で一杯なんですね、人気のある手ごろな価格の物は既に完売済みのお店もあるみたいです、でもまだまだありますよボジョレーヌーヴォー。写真は違いますが、こんな感じで仲間を集めて家の外でホームパーティーでもやって見てもいいですね、いやーやっちゃいましょう。

 

 

ワインはよく身体に良いと言われますが、SAKE YUTAKAもそう思います。でもなんのお酒でも飲み過ぎは良くないですが、とにかく楽しみましょう、味わいましょうボジョレーヌーヴォー。

 

意外と知らない、ボジョレーヌーヴォーその美味しさの秘密ですが?

北海道特産品

My wine CLUB ボジョレーヌーヴォー引用(簡潔編)

フランスのみならず、日本でもすっかり秋の風物詩となったボジョレー・ヌーヴォー。毎年のイベントとして、楽しみにしていらっしゃる方も多いと思います。時差の関係で本国フランスよりひと足早く飲めるのも、日本での人気にひと役買っているようです。そこでボジョレー・ヌーヴォーを、いま一度おさらい。実は、通常のワインとはまた違った魅力が隠されているんですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタリヤの新酒は「ヴィ―ノ.ノヴィェロ」といいフランスより2週間早い、毎年11月6日解禁です。ボジョレーのように限られた生産地ではなくイタリヤ全土で作られる、使われる品種も地区によって異なります。日本でも新酒は造られていて、特にヨーロッパのように特に法律で定めた解禁日ではありませんが、山梨県では、甲州種とマスカットA種を使った新酒の販売には、毎年11月3日の解禁日を設けていて、イタリヤより少しだけ早いそうです、と言う事は正に今日が解禁日、なんて呼ぶのか?山梨県と甲州種とマスカットで?取り敢えず乾杯ですね。



北海道特産品

世界最大の口コミ旅行サイト

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です